管理人が購入したクイズ本

自分が読んだ本を挙げてみます。クイズ本は実力アップの近道です。
見つけたら購入されるのが良いと思います。
このコーナーは少しずつ読んで更新したいと思います。


『ウルトラクイズ伝説』福留功男編・著、日本テレビ、2000年2月15日初版
(1200円+税)
<コメント>
”あの”福留さんの本。留さんのウルトラクイズへの思いがひしひしと伝わってきます。
番組の裏話あり、クイズ自体の情報もあります。
また、「今世紀最後のウルトラクイズ」から100問が精選されて、ページの上に出ている
のでウルトラの問題の雰囲気を味わうこともできます。ウルトラファン必携の書です。

『永田喜彰のクイズ全書』永田喜彰、情報センター出版局、1992年12月12日第1刷、
(950円)
<コメント>
永田氏のFNS体験記とクイズ1400問、そしてコラムが書かれています。
「クイズ$ミリオネア」で1000万円を獲得された著者の本なので、
学ぶべき点が非常に多いです。クイズの”総合”本ともいえる本です。

『RUQSのクイズ全書』立命館大学クイズソサエティー、情報センター出版局、1993年7月2日第1刷、
(980円)
<コメント>
あの長戸勇人さん、永田喜彰さんの出身のクイズサークルの本です。
その他にも多くのクイズ王を輩出しているサークルです。
前半はRUQSの歴史、後半は例会で使われたクイズが出ています。
気軽に読めてクイズとクイズ周辺の知識が養える本です。

『史上最強のクイズ王決定戦公式問題集PART2』情報センター出版局、1993年3月8日第1刷、
(1100円)
<コメント>
あのクイズ番組の第5・6回の問題を収録した本です。現在のクイズ番組を基準に考えると
かなり難しい本ですが、この本をマスターすればどんなクイズにも対応できそうです。

トップへ